気になる頬のシミは肝斑かもしれません。

肝斑ってどんなシミ 注目女性である以上避けられないかも!?


どんなに紫外線や肌への摩擦を気にしても美白ケアを頑張っても予防自体が難しいのが肝斑です。 女性ホルモンが大きく変動する妊娠中や産後、更年期にできるボヤッとした頬の色ムラです。


色素沈着の一種ということでシミに分類されますが、両頬にモヤッとした色ムラができてしまうのが特徴であり、 範囲が広いこともあって一気に顔の印象が汚い感じになってしまう感じがします。


原因が女性ホルモンのバランス変動ということもあって妊娠・出産をする以上は避けられない要素が大きいのが事実で、妊婦さんのおよそ7割は肝斑がでてくるといいます。


出産後は妊娠中に増えていた女性ホルモンが一気に減るというホルモンバランスの変動があり、この時期も肝班がでやすい時期です。 産後にあらわれる症状としては他にも抜け毛などあると思いますが、一連の産後の症状が落ち着いてから妊娠・産後にできてしまった肝斑のケアをはじめるのがいいかと思います。


肝班にも「ハイドロキノン」を配合しているシミ取りクリームは使えますが、デリケートになっている肌にはやや刺激が強いかもしれないので 低刺激処方のものを選ぶようにしましょう。内服薬のトランシーノもあわせて飲むようにすると、肌の内外から肝斑にアプローチできるのでより効果的だと思います。


肝班対策にも効果あり! 決定!シミ取りクリーム<Best3>

女性にシミができやすい理由、女性ホルモンと紫外線への感受性

女性にシミができやすい理由 注目男性よりも女性の顔のほうがシミだらけ!?


紫外線対策にも無頓着な男性が自分よりもきれいな肌だったりして悔しい思いをしている女性もいると思いますが、 女性が男性よりシミができやすいということはあるんでしょうか?


まず女性は男性に比べて皮膚が薄いのでその分バリア機能が弱く紫外線の影響を受けやすくなるということはあると思います。 肌が乾燥していればその影響は5割増しぐらいになりますしね。


それからそんな肌を守るためにやっているはずのスキンケアが間違っているということも多いです。女性は男性と比べてメイクやスキンケアで 顔を触る回数が圧倒的に多いと思いますがそれが肌に摩擦と刺激を与えて負担になってしまっているケースが多いです。


摩擦や刺激は肌内部に微弱炎症を引き起こしてしまい、肌老化を促したり、シミを作ったり、肝斑を悪化させる要因になってしまいます。 とくに微弱炎症の肌への影響は皮膚科学でもかなり注目されているものです。 肌をキレイに白くしようとスキンケアを頑張れば頑張るほど炎症で肌はどんどん汚くなっていくというのが証明されているんですね。


それから肝斑に代表されるように女性ホルモンに影響を受ける肌トラブルというものも女性特有です。 女性ホルモンの肌への影響というのはプラスの面も多いんですが、マイナス面もあります。紫外線の感受性が増してしまうというのはその1つ。 だから生理前や妊娠中などは日焼け止めを念入りにやっておかないと後で後悔することになります。


繊細でダメージに弱い女性の肌だからこそスキンケアは重要です。しかし、間違ったやり方、乱暴なお手入れ方法では逆効果になります。 特に肝斑は摩擦や刺激による炎症で悪化しやすいので、シミ取りクリームを使う場合もとにかくやさしくを心がけるようにしてくださいね。


肌触りが柔らかいクリームがおすすめ! シミ取りクリーム<Best3>
Copyright © 2014 決定!シミ取りクリーム【顔用】<Best3>~大人美白部調べ· All Rights Reserved·