あの子のシミは消えたのに私のシミは消えない.....

消えるシミと消えないシミ 注目消えるシミと消えないシミがある!


頬にできた黒い一点のシミ。見つけた時は本当にショックです。


こうしたシミや色素沈着は紫外線や摩擦などの刺激、女性ホルモンの乱れなどいろいろな原因でできるんですが、こうした原因によって シミの消えやすさというのは変わってくるんですね。


例えば一番消えやすいシミというのが、摩擦や炎症などでできる『炎症性色素沈着』というもの。これはニキビ跡やかゆみを掻いてできてしまった黒ずみ、 虫さされの跡の色素沈着などがそうです。


多くの人にとってシミというのは紫外線によるシミ(=老人性色素斑)というものですが、これは消えるものと消えにくいものが混ざっているので、 消えるものであればシミ取りクリームで十分効果がありますが、消えにくいものだとなかなか実感できないかもしれません。


今年できたばかりで、うっすらした輪郭がまだはっきりしないような紫外線によるシミ(=老人性色素斑)であれば、 「ハイドロキノン」を配合しているシミ取りクリームを使えばきれいになります。


反対に、できてから3年以上経過しているとか、周りの肌から浮いてしまうほど色が濃いとか大きい場合、シミ表面がザラザラしている場合は スキンケアでシミを消すというのはちょっと難しいかもしれません。


加齢とともに紫外線によるシミが消えにくくなる理由

加齢とともに紫外線によるシミが消えにくくなる理由 注目シミ部分の肌細胞に異常が起きている!?


肌の代謝さえ機能していればメラノサイトから放出されたメラニンも古い角質と一緒にスムースに排出されるのでシミになることはありません。


子供のころはこんがり日焼けしてもシミが残ることがないのは肌細胞がフレッシュで新陳代謝がスムースだからです。


ただ、紫外線をたくさん浴びれば、それだけ処理できないほど過剰なメラニンが生成されてしまいますし、そして何より紫外線が肌細胞のDNA情報等を傷つけてしまうのが実は消えないシミの原因なんですね。


紫外線のUVBは皮膚をガン化させるほど細胞を劣化・変性させてしまう強い影響力がありますが、肌本来の機能も当然低下させてしまうことになります。 シミの出来た部分は異常に代謝機能が落ちていたり、基底層が衰えてメラニンが真皮に落ちてしまうということが起こってしまうんです。


加齢とともにシミが増えたり、ひどくなるのは紫外線ダメージが蓄積されていくぶん、肌細胞にエラーが起こりやすくなり、肌本来の機能が低下していってしまうからです。


消えるシミというのは本当にただのメラニンの沈着なのでそのメラニンを美白成分で還元してしまえば消えるのですが、 肌細胞が劣化・変性して異常を起こしているということになるとメラニンにアプローチするケアを行っても根本的な解決にならないのでシミは消えません。


紫外線対策が大事なのはメラニンを作らせないということよりも紫外線が肌細胞にダメージを与えて劣化・変性させるのを防ぐためです。 「日焼け止めをサボってもあとで美白化粧品でメラニンを抑制すれば大丈夫!」と考えるのはとんだ思い違いだということです。


日焼け止めは忘れずに! シミ取りクリーム<Best3>
Copyright © 2014 決定!シミ取りクリーム【顔用】<Best3>~大人美白部調べ· All Rights Reserved·